• Instagram
  • You Tube
  • Facebook
モデル名で選ぶ
ジャンルで選ぶ

NEWS

ツール・ド・フランス・ファム 2022の開催が決定!

2021.06.23

A.S.O.(アモリー・スポーツ・オーガニゼーション)は、世界最大のレースである「ツール・ド・フランス」の名を冠した、新しい女子レースを2022年7月24日(日)にスタートさせます。男子レースと同じルール、大会理念、シンボルマークを採用するこのレースにLivは賛同し、ベストヤングライダー賞をサポートします。

このレースはUCI女子ワールドツアーのひとつとして8日間にわたり開催され、ツール・ド・フランス2022 最終ステージの日に、パリのシャンゼリゼ通りをゴールとするコースで開幕します。

世界的なオンラインフィットネスプラットフォームのZwiftがイベントの提供パートナーとなり、大会の正式名称は「Tour de France Femmes avec Zwift(ツール・ド・フランス・ファム アヴェック ズイフト)」となります。A.S.O.とZwiftは、女子自転車競技の発展を支援するために、今後4年間のパートナーシップ契約を締結しました。この長期的なパートナーシップは、創設当初から女子自転車競技の中で最大のイベントを開催することで、競技の普及と発展を目指しています。

レース開幕まで1年以上ありますが、A.S.O.は、ツール・ド・フランス・ファムのパートナー企業との連携が、すでに非常に充実していることを発表しました。ツール・ド・フランスのパートナーの多くは、この第1回大会に熱意を示し、コミットするのを待ちきれない様子でした。LCLはツールのトレードマークでもあるイエローのリーダージャージを、E.Leclercは山岳賞のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュをサポートします。そして、より多くの女性に自転車に乗ってもらうことを目指しているLivは、ベストヤングライダー賞をサポートします。FDJは、ラ・クルスbyツール・ド・フランスの当初からのパートナーであり、将来的には パリ~ルーベ ファムのサポーターになる予定で、本イベントの主要パートナーに加わります。そして、Tissotが本大会のタイムキーパーを担当します。その他のパートナーも数週間のうちに追加されます。

ツール・ド・フランス・ファムは毎日生中継され、世界中に広く知られることになります。フランスTVは、ツール・ド・フランスの特別番組を1週間延長して、視聴者に女子選手を応援する機会を提供します。また、EBU(欧州放送連合)との協定により、ヨーロッパの主要な公共チャンネルでも放送される予定です。

今年の10月に予定されている公式発表から2022年7月24日のスタートまで、意欲的で完璧なコミュニケーションプランが用意されています。A.S.O.は、ツール・ド・フランス・ファムへの参加を約束してくれたパートナー企業、メディア、コミュニティ、連盟、そしてこれから参加してくれる皆さまに感謝の意を表しています。

大会に関するルートを含むすべての詳細は、2021年10月14日(木)にパリのパレ・デ・コングレで開催されるツール・ド・フランス2022のプレゼンテーションで明らかにされます。ZwiftのCEO兼共同創設者であるエリック・ミンは、「女子自転車競技への投資を強化し、このスポーツの成長と発展に貢献するために、この発表は私たちにとって非常に重要なものになります。」と述べています。

「昨年のZwiftでのバーチャル ツール・ド・フランスの成功を受けて、何ヶ月も前から構想を練っていましたが、ZwiftとA.S.O.の双方がこの夢を実現できることを嬉しく思います。私は長い間、女子レースの攻撃的なスタイルのファンでした。女子レースのプロトンでは、刺激的なレース展開を最も多く見ることができると信じていますし、その才能とスキルを発揮するためにはもっと大きなプラットフォームが必要だと思っています。2022年のツール・ド・フランス・ファムの実現に向けて、私たちが大きな役割を果たせることを誇りに思います。私たちが力を合わせれば、女子自転車競技をより多くの人に知ってもらい、新しい世代の女性サイクリストに刺激を与えることができるでしょう。」

ツール・ド・フランスのディレクターであるクリスチャン・プリュドム氏は、「ツール・ド・フランス・ファム のような大きなイベントによって、女子選手はその優れた才能を広くアピールすることができるようになります。このレースの誕生は、女子ロードレースが世界のスポーツ界の頂点に立つことを予感させるものです。選手やチャンピオンたちは過酷なルートに挑戦し、最も名誉ある賞であるイエロージャージを狙うことになるでしょう。」と述べています。


page top