• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

~Vos is Boss~ マリアンヌ・フォス 史上最強の女性サイクリストが次に目指すもの

2019.03.20

スプリングクラシックスが始まり、CCC-Livチームのマリアンヌ・フォスにとってプロになってから13回目のシーズンがやってきました。フォスはロードレース、トラック、マウンテンバイク、シクロクロスなど様々な競技で世界選手権優勝11回を含む、数々の勝利を獲得してきました。競技カテゴリーの垣根を越えて、フォスは史上最強の女性サイクリストであることは間違いありません。

Photos by Jeff Clark Photography.

新たに発足したCCC-Livチームで活動を始めるとき、フォスにとってそれはまるで我が家に戻ってきたような感覚でした。Livとフォスのパートナーシップは2012年に始まり、その年のロンドン五輪で、フォスは金メダルを獲得しました。その2年後にチームはRabobank-Livチームとして引き継がれ、サイクリングが女性にとってもっと身近なスポーツとして感じられるよう、活動を続けました。そして今年フォスは、レースで良い結果を出すだけでなく、若い女子選手が最大限の能力を発揮できるよう、その経験を伝えるリーダーとしてチームをまとめることを楽しみにしています。
「年齢とともに経験を重ねて、若い選手の成長を見たり、経験を共有することは、とてもクールな事です!私の現在の目標は、身体的な強化だけでなく、メンバーを助け、お互いに成長できるような関係を築くことです」と、フォスは語ります。

シーズン前に行われたチームキャンプの様子から、チームメンバー全員のフォスへの敬意が伝わります。19歳の若いジュニア選手を含むすべてのメンバーにとって、フォスはお手本となる選手です。今年フォスはアシュレイ・ムルマン・パシオと共にチームのリーダー役を務めることになりました。アシュレイは、憧れの選手だったフォスと一緒にこのような役割を担うことになり、夢のようだと言っています。
「女性選手なら誰でも、フォスがすごい事を成し遂げた女性サイクリストだと知っています!」と、アシュレイは言います。
「私がサイクリングを始めた頃、フォスは私のアイドルで、スーパーヒーローの様な存在でした。憧れて、目標にしていました」


Cor Vos Photo.

フォスとCCC-Livチームは共に表彰台を目指しますが、女性のサイクリングに与える影響の方が重要です。10年以上にもわたるプロ選手としての生活のなかで、フォスは女性アスリートたちの変化を後押し、目の当たりにしてきました。
「私が2006年にプロ選手としてレースを始めたとき、お金を稼ごうとか、フルタイムのプロ選手になろうとか、考えたことは一度もありませんでしたが、めったにない機会を得ることができ、ジュニアカテゴリーからシニアカテゴリーへ、そしてそのトップへと成長していくことができました。とてもラッキーだったと思います。この10年間で、多くのことが変わり、女子サイクリング競技は一般的に広く知られるようになりました。 サイクリング全体ではまだ男性中心の世界ですが、今は少しずつ変化してきています。 それを後押ししてLivが目指す水準まで引き上げることで、すべての女性たちがサイクリングを楽しめるような世界がやってくると思います」

フォスは今シーズン、表彰台のために戦うのみでなく、女性がもっとサイクルスポーツに親しんでもらうには、まだまだやるべきことがあると考えています。彼女は前へ進み続けるでしょう。
「私たちは、ただじっと座って幸せがやってくるのを待つのではなく、女性として私たちは何ができるのか?を考えて行動にしていきたいと思います。それはプロ選手が競技の中で見せる姿だけではなく、気軽なサイクリングにおいてもです。そしてそれはバイクに乗っていないときも同じです。前に進み続けること。それは私にとって、なによりも重要です」

page top