• Instagram
  • You Tube
  • Facebook
モデル名で選ぶ
ジャンルで選ぶ

Liv | NEWS

NEWS( 2022年 4月)

蔵本葵さんが石垣島トライアスロンで優勝!

2022.04.28

チーム

Livアンバサダーのトライアスリート 蔵本葵さんが、4月17日(日)に沖縄県石垣市で開催された「石垣島トライアスロン」に出場しました。前半から独走で強さを見せた蔵本さんは、2時間20分40秒のタイムで優勝しました。 「石垣島トライアスロン」は、今まで出場していたエリートレースとは異なる一般のトライアスロン愛好者向けの大会で、公認アンバサダーでもある蔵本さんはレース以外でも大会を盛り上げました。エリートレースを引退後、目標を新たにスタートした今シーズン、初レースを優勝で飾った蔵本さんのレポートをお届けします。 石垣島トライアスロンのスイムは、ビーチから男女一斉にスタートするスタイルで、私自身初めての経験でした。それも多少影響したのかスタートで出遅れてしまったものの、2周目に入ると徐々に調子が上がっていきました。 バイクは終始、前後に人がいなく石垣島を独り占めしているかのようで、爽快に走ることができました。 今回のレースはENVILIV ADVANCED PROを初めて使用しました。エアロ性能に優れるこのバイクは、集団で走るエリートカテゴリのレースはもちろんですが、今回のようなノンドラフティング(前を走る選手を風除けにすることを禁止するルールのこと)のレースで、よりアドバンテージを得られると体感しました。特に直線でスピードに乗ってからの安定性が優れているので、アップダウンの多いコースでしたが、下りの勢いを生かして上りを走り切ることができました。 また、タイトなブレーキングが必要な場面でも、ディスクブレーキのお陰でしっかりと減速ができ、安心してコーナーに入る事ができました。 ランは平地だったので、予め自分の決めたペースで走ろうと考えていましたが、沿道の応援とすれ違う選手の応援が力になって、設定したペースより速く走ることができました。今までのエリートレースと異なり、走っている選手同士で応援し合えることがとても嬉しかったです。また、バイクがノンドラフティングなので全て一人で走り切ったという達成感もありました。 いつも応援をしてくれる皆様に、感謝しています。昨年まではオリンピックディスタンスに絞ってレースに出ていましたが、今シーズンからはミドル・ロングディスタンスに挑戦していきます。 次の目標レースは、7月17日に鳥取県米子市で開催される「全日本トライアスロン皆生大会」です。今回のレースの約3倍の距離なので、しっかりと練習を積んで入賞を狙います。ロングディスタンスは初挑戦なので、景色を楽しみつつ自分の限界に挑戦していきます。 まだ手探りですが、長年のトライアスロンの経験を活かして頑張りたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

富士ヒルクライムに向けた望月美和子さんの想い

2022.04.22

チーム

「Mt. 富士ヒルクライム」(以下、富士ヒルクライム)とは、富士スバルラインの五合目まで全長24km標高差1255mを上る日本最大級のヒルクライムレースです。世界遺産でもある富士山を舞台に初夏に行われる大会は、完走率も高いため初心者にも人気のイベントです。 Livアンバサダーの望月美和子さんは、近年では実業団でのロードレース参戦に加えて、シクロクロスやマウンテンバイクにも挑戦する傍ら、東海エリアを中心に自転車文化の普及活動も行っています。そんな幅広い活動をしている望月さんのルーツはヒルクライムで、富士ヒルクライムでは2018年と2021年に主催者選抜クラスで2度優勝するなど、女性ヒルクライマーの第一人者でもあります。 今年も「富士ヒルクライム」に参戦する望月さんに、大会への意気込みやヒルクライムの魅力について伺いました。 ●今シーズンの目標は?まずは、富士ヒルクライム女子選抜クラスで優勝して2連覇を目指しています。その後、8月末の乗鞍ヒルクライムも狙っているので、富士ヒルクライムで優勝して勢いをつけたいと考えています。 ●望月さんにとって「富士ヒルクライム」はどんな大会?選手として年間で一番狙っている大会です。また、参加者が多く全国から知り合いがたくさん集まるので、交流も楽しみにしています。前日に開催されるサイクルエキスポでは、たくさんのブースが出展しているので、様々な展示や物販を見て楽しんでいます。さらに、完走すると授与されるフィニッシャーリングは、タイムによってゴールド、シルバー、ブロンズなどカラーが様々で、ヒルクライマーの間ではレベルを伝える指標になっていたりモチベーションを上げてくれる要素になったりする楽しい仕掛けもある大会です。 ●ヒルクライムレースを好きになったきっかけは?私がヒルクライムレースを頑張っている理由は、練習で山に走りにいくことが多かったこともあるのですが、平地ではかなわない男性にも上りでは勝つことができたので、上りだけでも勝ちたいと思って練習をしたのが始まりです。 最初に出場したレースも、八ヶ岳で開かれたヒルクライムレースでした。スタートラインに立つ前から心臓バクバクで、不安いっぱいでしたが、上っていると綺麗な景色が見えてだんだんと楽しくなってきました。上りきった時の達成感もうれしかったですね。 また、コースを見て戦略をたて、体だけでなく頭もつかうところも楽しいです。「富士ヒルクライム」では、最初がキツくて最後の1/3で緩やかになるところが出てくるので、そこで加速してタイムを稼ぐようにしています。 ●望月さん、ありがとうございました。レース応援しています! 望月さんのプロフィールはこちら

乗って爽快! Eバイク試乗キャンペーン

2022.04.22

店舗情報

GIANT/Livでは、「FEEL THE RUSH BY E-BIKE. 乗って爽快! E-BIKE試乗キャンペーン」を実施いたします。 本キャンペーンでは、GIANT/LivのEバイクに試乗していただき、Eバイクのスポーツ性能と、それによって生まれる“爽快感”を体験していただきます。あわせてアンケートにご回答いただくと、ノベルティとして“爽快”な入浴剤2種をプレゼントいたします。 また、試乗の感想と写真に、ハッシュタグ「#GiantEバイクを試乗してみた」または「#LivEバイクを試乗してみた」を付けて、Instagramへ投稿していただいた方の中から、抽選で20名様に「GIANT RECON HL 1600」ヘッドライトをプレゼントいたします。 【キャンペーン期間】 2022/4/28(木)〜 2022/6/26(日) 【Eバイク試乗可能店舗】  下記E-BIKE取扱ディーラー一覧の「キャンペーン」欄に「参加」マークのある店舗 https://www.giant.co.jp/giant22/showcase/power-your-journey/dealers.php 【ノベルティ】 ご試乗後、アンケートにご回答いただいた方に、“爽快”な入浴剤2種をプレゼントいたします。 【SNS投稿プレゼント参加方法】1. Instagramで @GIANT_JAPAN および @livcycling_jp をフォロー 2. 本試乗キャンペーンにおいて、撮影した写真と試乗の感想に、 ハッシュタグ「#GiantEバイクを試乗してみた」または「#LivEバイクを試乗してみた」を付けてInstagramへ投稿 3. 画像に、@GIANT_JAPAN もしくは @livcycling_jp をタグ付け※本キャンペーンの対象試乗モデルは、現在HPに掲載されている現行モデルのみです。※Instagramの投稿はGIANT & Liv公式ウェブサイトおよび公式SNSに掲載させていただく場合があります。 4. 抽選で20名様に「GIANT RECON HL 1600」をプレゼント! ■ GIANT RECON HL 1600超高輝度1600ルーメンで、通勤・通学やトレイルライド、ブルベにいたるまで、走りに万全の安心と明るさを提供するハイエンドヘッドライト   【注意事項】● 投稿いただいた写真について、当キャンペーンおよび弊社のその他の事業活動で弊社が⾃由に使⽤することを、ご投稿をもってご承諾いただいたものとします。● 投稿いただくのは、投稿者ご本⼈が撮影した写真画像に限定させていただきます。● 未成年者の⽅が応募された場合は、保護者の同意を得ているものとみなします。● 投稿いただく画像にご本⼈以外の第三者が写っている場合は、必ず使⽤許諾を得てからご投稿ください。

ハイエンドロードシューズ「LIV MACHA PRO 2022」発売

2022.04.15

ギア

4月中旬より、驚異的なパワー伝達と快適な履き心地を提供するハイエンドロードシューズ「LIV MACHA PRO 2022」を発売いたします。   LIV MACHA PRO 2022 テクノロジー トレーニングからレース、アタックやスプリントまで。UCI女子ワールドツアーチームも使用する、驚異的なパワー伝達と軽量性を両立した新型LIV MACHA PROは、パーソナライズされたフィット感が長時間快適性を保ちます。 デュアルビーム形状の新しい「ExoBeam」フルカーボンソールを採用した新型LIV MACHA PROは、高いソール剛性と軽量性を両立し、優れた効率性と快適性を提供します。同様に再設計された「ExoWrap」クロージャーとBOA Li2フィットシステムによる独自のラップアラウンドフィットが、ライダーの足を下方から全体的に包み込みます。ほとんどのサイクリングシューズは、クロージャーを回すと足をソールに向かって押し下げますが、「ExoWrap」は足を引き上げて360度包み込み、非常に快適でパーソナライズされた履き心地を実現します。 レーザーカットによる通気口とポリウレタンコーティングされたアッパーは、通気性と耐久性を両立します。また、アッパー部の縫い付けを接着にすることで、軽量でしなやかな履き心地を実現しています。※「LTD」は数量限定販売カラー 1. MOTION EFFICIENCY SYSTEM剛性が高く効率的なペダリングと、下腿の圧力と負担を軽減する適度なねじれ柔軟性を組み合わせたシステム。自然なペダリングを実現して、快適性やパワー伝達、効率性を最適化する。 2. DUAL-BEAM CARBON PLATEデュアルビームプレートを備えたフルカーボン製の新型「ExoBeam」ソールは、軽量化に貢献し、つま先とかかとの剛性を高めてパワー伝達を向上する。 3. 360-DEGREE FOOT CLOSURE「ExoWrap」と「ExoBeam」が連携して、ライダーの足を下部から引き上げ360度包み込むようにホールドする、独自で快適な履き心地を実現する。 4. LI2 BOA® FIT SYSTEM緩める方向にも調整可能な2つの「Boa Li2」ダイヤルとDyneema繊維を採用した独自のラインが「ExoWrap」クロージャーを直接引っ張ることで、微調整可能な優れたフィット感と快適な履き心地を提供する。 5. VENTILATED WRAP-AROUND UPPERレーザーカットによる通気口とポリウレタンコーティングされたアッパーが通気性と耐久性を両立。アッパー部の縫い付けを接着にすることで、軽量でしなやかな履き心地を実現する。 6. TRANSTEXTURA™ PLUS SOCKLINER土踏まずのサポート高を調整できる、抗菌防臭TransTextura Plus™素材を採用したインソール。 7. PERFORMANCE LAST様々な足形にフィットする新しいパフォーマンスラストが、一日中快適な履き心地を提供する。 8. SECURE HEEL FIT人間工学に基づいて設計されたヒールカップにはグリップ力のあるシャークスキン素材を採用し、滑りにくく確実なフィット感を提供する。   LIV MACHA PRO LTD 2022 ¥41,800(税込)※数量限定販売カラー : スピーディーブラーサイズ : 36、37、38、39重量 : 197g(サイズ:38)詳細はコチラ>>   LIV MACHA PRO 2022 ¥41,800(税込)カラー : ホワイトサイズ : 36、37、38、39重量 : 197g(サイズ:38)詳細はコチラ>>

蔵本葵さんが石垣島トライアスロンに出場します

2022.04.13

チーム

Livアンバサダーでトライアスリートの蔵本葵さんが、4月17日(日)に沖縄県石垣市で開催される「石垣島トライアスロン」に出場します。昨年の全日本で2位表彰台を獲得後、ロングディスタンスへの挑戦と、トライアスロンの指導や普及に力をいれたいと語ってくれた蔵本さん。今回の石垣島トライアスロンには、蔵本さんが指導や練習会に携わっている所属クラブの会員さんと共に参戦します。 今年トライアスリートとして新たな一歩を踏み出すことになる蔵本さんに、人気大会である「石垣島トライアスロン」について、レースへの意気込みや練習、使用機材などについて、お話しを伺いました。 ●エントリーした理由について教えてください。石垣島と言えば、2013年まで開催されていた「石垣ITUトライアスロンワールドカップ」が代表的です。とても綺麗なロケーションの中で白熱するレースを映像で見て、いつか出場してみたいと憧れていました。残念ながらエリート部門での開催はなくなってしまいましたが、当時目標としていたレースだし、コロナ禍で開催中止が相次ぐ中で開催される貴重な大会ということで、出場を決意しました。また、石垣島で働いている妹に会いにいけることもエントリーを後押ししてくれました。 ●石垣島トライアスロンに向けて、どのような練習をされていますか?日本選手権後、ロングディスタンスに挑戦すると宣言をしてから、今までとは練習のスタイルが変わり長い距離のトレーニングを加えるようになりました。 レース2週間前から実戦的トレーニングとしてデュアスロン練習(バイク→ラン)を取り入れて、バイクからランへの移行がスムーズにできるようにしました。このトレーニングは、今までのエリートレースの前でも取り入れており、レースでのパフォーマンスを出すことにおいてかなり有効に働いてくれたトレーニングなのでオススメのトレーニングです。 石垣島のコースはアップダウンがある為、対策の為にバイクで山に行って、実際イメージをするレースペースでのトレーニングなども行いました。 ●レースで使用するバイクについて教えてください。今回は、私自身初となるディスクブレーキロード「ENVILIV ADVANCED PRO」で、レースに挑みます。 エアロ形状のこのモデルは、直進性に優れており、女性専用に考えられているフレームは、適度な硬さで疲労感も少なくランパートへと導いてくれます。エアロロードはサイズが大きいことが多いけど、身長の低い私でもENVILIVはポジションを合わせて使用することができました。 また、装着されたディープリムのホイールがその特性をさらに向上させて、加速してからのペースが落ちづらいので、トライアスロンなどの速度変化が大きくなくアヴェレージでタイムを狙うにはもってこいの組み合わせです。 さらに、ディスクブレーキなので全天候で安心してブレーキング行えます。天候の変化が起こりやすい石垣島では、突然のスコールでも安心してブレーキングをすることが可能となるので、レースでの心配事を1つ減らすことができます。 今回は、アップダウンがあるコースなので、ENVILIVの直進性の良さを使って下りでしっかりと加速して、上り返しは勢いで走行することで、良いタイムでランパートへと繋いで行きたいと思います。 ●使用するギアの多いトライアスロンでは、事前準備も大事になると思います。ビギナートライアスリートへのアドバイスをお願いします。ギアについては、毎回一緒のセットを作るようにして遠征をしています。 スイム・バイク・ラン3種目において、使用するものがそれぞれ違うので、それを忘れないように最初のうちはメモを作って行くといいかもしれません。 忘れ物をするとレースでの不安が増えてしまうため、忘れ物を無くして快適にレースが行えるようにレース前の環境から整えておくのもレースにおいて1つのポイントです。 ●最後に、大会への想いや意気込みを聞かせてください。2022年シーズンを、私自身の憧れの石垣島で迎えられるのはとても嬉しく思います。 今回私は「石垣島トライアスロン」デビューとなるのですが、一緒に走る新しいバイクにとってもデビュー戦になります!どんなレースになるか今から楽しみです。とにかく全力を尽くしてフィニッシュしたいです!